旧横浜港駅プラットホーム

横浜赤レンガパークには、旧横浜港駅のプラットホームが復元・保存されていました。
新港埠頭と横浜駅(現在の桜木町駅)を結ぶ横浜臨港線として、明治43年8月15日に開通して、明治44年9月1日に横浜港荷扱所として開業したのが横浜港駅というものらしいです。
以前から貨物線として存在していたものを利用した?というこでしょうか。

旧横浜港駅のプラットホーム

設置されているプレートには、次のように書かれています。

「横浜港駅」は、明治44(1911)年、横浜税関構内の荷扱所としてつくられ、大正9(1920)年7月23日、「横浜港駅」となり、東京駅から初の汽船連絡列車が乗りいれました。列車はその後、「岸壁列車」などと呼ばれて親しまれました。関東大震災の復興期、昭和3(1928)年当時の花形外航ターミナルにそって旧「横浜港駅」の「プラットホーム」が設けられ、華やかな海外航路時代の最盛期をむかえました。「赤れんがパーク」の休憩所として保存再利用にあたり、傷んでいた上屋は新素材で復元しています。

旧横浜港駅のプラットホーム

昭和30年代までは、旅客用として使用されていたようです。
その後は、貨物線として使用されていて、昭和61年に廃止されたそうです。
昭和61年というと1986年だそう。

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする