全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 MFJGP JSB1000 Race2

全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 MFJGP JSB1000 Race2は中須賀選手が勝利して、7連勝!!そしてシリーズチャンピオン決定!

MFJ SuperBike JSB1000
ホールショットを奪ったのは2番グリッドスタートの加賀山就臣。決勝レース1に続いてポールポジションからスタートした中須賀克行、7番グリッドスタートの清成龍一がそれに続く。オープニングラップの130R進入で清成が中須賀をパス。清成は2周目のメインストレートで加賀山をもパスしてトップに立つ。中須賀も加賀山をパス。清成と中須賀が激しいトップ争いを展開し、序盤から見せ場を作る。

日浦大治朗と名越哲平も加賀山をパス。日浦は中須賀のテールに接近していく。名越もトップ集団に接近。清成、中須賀、日浦、名越の4台がテールtoノーズの状態となる。中須賀が9周目の日立Astemoシケインで清成をパスしてトップに。日浦をパスして3位を走っていた名越がミスして4位に脱落する。10周目に日浦が清成をパスして2位に浮上。清成が日浦をパスして2位に返り咲く。その間も2位以降を引き離し続けた中須賀が優勝を飾り、10回目のチャンピオンを決めた。2位は清成。日浦が3位でチェッカーを受けた。

出典:MFJ SUPERBIKE Fan sitehttps://www.superbike.jp/post-news/news-11383.html