FIMセーフティレギュレーション改訂

FIMとドルナがセーフティレギュレーションの改訂を発表したようです。
今年は若いライダーが参戦するクラスので大きな事故が続いたことによるものかと。

セーフティレギュレーションの改訂

2022シーズンは、2021シーズンに参加しているライダーには例外が認めらるが、2023年からはMOTOGP世界選手権の開催クラス(MOTOGP,MOTO2,MOTO3)は参加可能年齢が18歳からになる。

十分な経験が不足しているということかと思います。
参加台数も現在よりも少なく制限されるとのことです。

低年齢化が進んできたと思いますが、タレントカップも年齢制限が上がるので、国内選手権の重要性も変わってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする