YAMAHA TZM50R

TZM50Rは1993年2月にYSR50の後継車両として発売された。YSR50/80の後継車として打倒NSR50を目指して開発が行われた12インチスポーツモデルで、車名はGP250ccワークスマシンのYZR250ではなく、市販車レーサーベースでシリーズチャンピオンとなった“TZ250M”に由来する。

tzm50r_01

YSRの弱点のひとつであるエンジンは先に発売されていたTZR50R(4EU)ベース(シフトドラムの回転方向の違いや、クラッチ板の枚数がTZR50R:3枚に対してTZMは4枚などの違いがある)の水冷2サイクル単気筒に変更され、TZR50Rに比べ大径のキャブレターを装備、シリンダーの掃気ポートも拡大されている。
足回りもホイールはYSRと同じ12インチながら、YSR50/80の鉄製プレスホイールから、鋳造アルミの中空スポークホイールを採用、、ブレーキも前後ディスクブレーキ(フロント2ポット、リヤ1ポット)、フロントサスペンションはYSRが片側のみオイルダンパーであったものを、左右共にオイルダンパーに変更し、リヤサスペンションはモノクロス式。
コストの関係から、燃料タンクはYSRと同じものを採用し、トップブリッジやアッパーカウル、エアクリーナボックスなどはTZR50との共通部品といている。
YECからも数々のレース用パーツが提供されており、特にレースの世界ではYECのCDIが定番になった。

NSR50と同じように1999年に生産を終了した。

年式 1993-1999 型式 4KJ
排気量 49cc エンジン形式 2サイクル・水冷・クランク室リードバルブ
最高出力 7.2ps(5.3kw)/10000rpm 最大トルク 0.63 kg・m/7500rpm
点火方式 CDI 変速機 6段リターン
車両重量(乾燥) 78kg() 全長x全高x全幅 1615x615x960
フロントブレーキ 油圧式シングルディスク リアブレーキ 油圧式シングルディスク
フロントタイヤサイズ 100/90-12 48J リアタイヤサイズ 120/80-12 54J
燃料給油方式   潤滑方式 分離給油式
タンク容量 9.3リットル 燃費消費率(km/L) 73.0(30km/h)
スポンサーリンク
racing
racing

フォローする