SUZUKI GAG

1986年に発売されたGAG。50ccでGSX-R風のフルフェアリング装備したミニレーサーレプリカ車両として、ヤマハYSR50(1986年発売)やホンダNSR50(1987年発売)などの車種の先駆けとなった車両。
バックボーンフレームの車体に4ストロークエンジンを搭載し、フロントにディスクブレーキ、リヤサスペンションにはモノクロスサスペンションを装備していたが、エンジン自体はビジネスバイクのバーディーからの流用で、最大出力は5.2馬力と、後発の他社製品が2ストロークエンジンを搭載した車種が7.2馬力であったのに比べ非力であった。

gag01

gag03

メーカー スズキ エンジンタイプ 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
モデル名 ギャグ エンジン始動方式
タイプ・グレード 最高出力 5.2ps(4.0 kw)/7000rpm
動力方式 最大トルク 0.57kg・m(5.6N・m)/6000rpm
型式 LA41A 車体重量(乾燥重量) 64kg
排気量 49cc 車体重量(装備重量)
発売開始年 1986年 パワーウエイトレシオ 12.3kg/PS
燃料消費率 全長・全高・全幅 1540×610×870
燃料タンク容量 シート高
航続可能距離 フロントタイヤサイズ 3.50-10-2PR
燃料供給方式 キャブレター リアタイヤサイズ 3.50-10-2PR

gag02

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする